Theatre Project Si 公式Blog
関根勝による<狂言×オペラ×シェイクスピア>演劇プロジェクトTheatre Project Si
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/28(月)   CATEGORY: 公演情報
第2弾公演 『リア王』 情報リリース開始
大変お待たせしまして申し訳ありません。
次回公演『リア王』の詳細が決まってまいりましたので、
正式に発表させていただきます!
(本体サイトの更新はもうしばらく後になるかと思いますがご了承ください。)



リア特報


↑※特報チラシです。クリックすると拡大します。
・・・正式チラシは、近日公開 !!

Theatre Project Si 第2弾
『リア王』

翻案・演出 関根勝

出演
善竹忠重 [大蔵流狂言師]  (リア王)
井上菊次郎 [和泉流狂言師]  (グロスター公)

小山陽二郎 [藤原歌劇団・テノール]  (道化) 

土田聡子 [二期会・ソプラノ]  (コーディリア) 
佐藤融 [和泉流狂言師] (エドモンド) 
井上靖浩 [和泉流狂言師] (エドガー) 
善竹忠亮 [大蔵流狂言師] (ケント) 

岡村和彦/前川吉也 [大蔵流狂言師]  (ゴネリル) 
牟田素之 [大蔵流狂言師]  (リーガン) 
稲垣直 (兵士)

ジャンベ: オザザ [バグースバンド]
大鼓  : 大倉正之助 [大倉流大鼓方]


アリア作曲  石川潤一
音楽監修   甚目裕夫
衣装      吉田装束店
原作      W.シェイクスピア

公演日程
2008年
11月 11日(火)夜 東京国立能楽堂
   12日(水)昼 東京国立能楽堂
   13日(木)夜 東京国立能楽堂
          
   15日(土)夜 大阪能楽会館
   16日(日)昼 大阪能楽会館

   20日(木)夜 京都観世会館

   21日(金)夜 名古屋能楽堂

  《昼公演=2時開演 夜公演=7時開演》

チケット予約開始 9月10日(水)!!
 
チケット料金 5,000円~3,500円 (学生席 2,000円)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2008/07/14(月)   CATEGORY: 関連公演情報
7/21 善竹狂言会 情報
善竹狂言会の表 善竹狂言会の裏
(※チラシをクリックすると拡大します)

『ハムレット』に出演した善竹家の狂言師の方々が総出演する
毎年恒例の狂言公演 《善竹狂言会》 のご案内です!!


こんにちは、善竹大二郎です。
先日のオペラガーラでは、ピアノの生の演奏や、
オペラ歌手の声量の迫力に圧倒され、
とても楽しく勉強になる一時を過ごす事ができました。

また、『ハムレット』にお越し頂いたお客様とお話する事ができ、
ハムレットを楽しんで頂いた事を直に知る事ができ、とても嬉しかったです。

さて、オペラガーラを拝見して、私の負けじ魂に火がつきましたので、
狂言を案内させて頂きます。


善 竹 狂 言 会

<とき> 平成20年7月21日 火曜日(海の日)
      開演二時(開場一時十五分)。終演四時四十五分頃。

<ところ> 観世能楽堂 渋谷駅より徒歩10分。
       東京都渋谷区松濤1-16-4 TEL=03-3469-5241~3

<入場券> 正面指定席8000円。脇正面指定席6000円。
        中正面自由席5000円。学生中正面自由席3000円。

申し込み 及び 問い合わせは、善竹狂言会まで お願い致します。
   Tel&Fax: 03-3467-2626
   E-mail: chikuyu@xe.catv.ne.jp

<番組>
 鬼瓦 (オニガワラ)
   大名・ 善竹長徳
   太郎冠者・ 善竹徳一郎

 薩摩守 (サツマノカミ)
   出家・ 善竹忠一郎
   茶屋・ 善竹隆司
   船頭・ 善竹忠重

 鬼の継子 (オニノママコ)
   鬼・ 善竹富太郎
   女・ 善竹忠亮

 不聞座頭 (キカズザトウ)
   座頭・ 大蔵吉次郎
   太郎冠者・ 善竹十郎
   有徳人・ 善竹大二郎

 財宝 (ザイホウ)
   祖父・ 大蔵弥太郎
   孫・ 大蔵千太郎
   孫・ 大蔵基誠
   孫・ 大蔵教義

ご友人をお誘い合わせの上、是非足をお運び下さい。

ハムレット役・忠亮ちゃんと、クローディアス役・富太郎兄上の
『鬼の継子』の共演は見物です。

当日の皆様のお越しを楽しみにしております。
何卒宜しくお願い致します。
[ TB*0 | CO*1 ] page top
エッヴィーヴァ !!
昨夜はオペラガーラでした !!
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました !!

『ハムレット』終わってあまり日もありませんでしたので、
事務所も、聡子さんも大あらわでしたが、
ご盛況頂き、無事終えられて、
みな、ホッと胸を撫で下ろしております……。

ガーラリハ1


写真は、リハーサルの様子。
フィナーレのフーガ(『ファルスタッフ』より)。
メインの4名(土田聡子・小山陽二郎・牧野真由美・増原英也)に、特別出演の方々(小林大祐・竹多倫子・宮澤彩子・新海康仁・渡辺 大・水野洋助)を加えた特別編成。

リハをすごく近くで見せて頂いたんですが、、、、、

医療ドラマの第1回とかで、「どなたかお医者さんいませんか!?」って言うと、普段着の普通の兄ちゃんが、実はむちゃくちゃ腕のいい外科医で、テキパキテキパキ!、、みたいな感じの、カッコよさ。 (…なんと、わかりにくいたとえ…(笑))

リハーサルなんで、皆さん楽な服装で、
本番のように表情を豊かにしていることもなく、
みなさん思い思いの姿勢で、いい具合に顔も身体も力を抜いてるんですが、
その歌声は……プロ!…というギャップのかっこよさ!
しかもそれがこの人数の迫力で、曲もなんともなんとも楽しい曲で…
……しびれる…。
(……スタッフの特権ですな。へへっへ。)

この曲は、ラストに演奏したのですが、
終演後、カーテンコールが終わって袖に引っ込んでも、アンコールの拍手が続いていたのですが、
実はアンコールは予定しておらず・・・。
一度出て挨拶して、それで終わりにしようということになったのですが、
それでも拍手がなりやまないので
「これはやっぱり音楽で終りにするのが一番いい」という甚目さんの一声で、
急遽、
ラストに、このフーガをもう一度披露させていただきました。

(僕はずっと舞台袖で入出場のドアの開閉をしていたのですが)
あのカーテンコールの、しゃん!しゃん!しゃん!しゃん!という
拍手を頂くのって、
(別に僕が出ていたわけでもないんですが(笑))
あれ、むっっっちゃくちゃ気持ちいいですね!
思わず、「ひゃーー!」って言ってしまいましたよ。

* * * * * * * * *

ちなみに、↑この写真の歌手の皆さんの目線の先には、(構成・ピアノの)甚目裕夫氏が。
普段からお世話になっていますが、本来の音楽家としての甚目氏の仕事ぶりは
ほっとんど見る機会がなかったので、
いつもは、変わったおじさんだなぁと思ってた人が(←失礼(笑))
客席の真ん中のほうにパーッと走っていって
指揮して、ババっと歌手の方の声をまとめてる姿を見て、、、、あ、むちゃくちゃかっこいいなぁ、と思わされたのでした。

いいなぁ、音楽家って。

ガーラリハ2


音楽家と言えば、、、
実は、お知らせしていませんでしたが、
サプライズで、先日の公演『ハムレット』の中から、鮎姫のアリアを
作曲の石川潤一さんのピアノつきで演奏いたしました。

ハムレット公演では、聡子さんのアカペラでしたので、
ピアノ伴奏つきによる演奏は初お披露目(というか、最初で最後!?)でした!

(写真は、リハーサルから)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/09(水)   CATEGORY: スペシャル
ハムレットツアーを終えて。
久々のスペシャル! 大蔵流狂言方・善竹大二郎さんの登場です。

daijiro



こんばんは、
レアティーズ役を勤めさせて頂きました善竹大二郎です!

ハムレットツアーが始まったのはちょうど一ヵ月前。
稽古、公演、移動、公演という目まぐるしいスケジュールの中、
あっという間に六月が過ぎていきました!

全国ツアー後の東京善竹家は、
学校狂言、能の会、狂言の会といった催しで公演をしており、
やっといつもの生活リズムに戻った感じがしております。

出演者とのその後は、
旅芸人役のエリック以外は誰ともあっていない状況。
(エリックは狂言を見にきてくれました。)
しかし、ツアー後もファミリーの事は気に掛けております。

まず、ハムレット役の忠亮ちゃん。
普段は忠亮ちゃんのブログ(※→こちら)は見なかったのですが、最近はちょくちょく拝見しております。
小生なんかをブログに載せてくれていた事を知り、感謝!
(編注※こちら6/23日記「大二郎頑張る」参照!)

次にオフィーリア役の聡子さん。
今週千駄ケ谷の津田ホールで行うオペラガーラ(※→こちら)には、
気合い入れて応援に行く予定です。
再会を楽しみにしております。
ちなみに、エリック、富太郎兄上も行くそうです。

それぞれの道に戻り、
活躍している事を思うと、
私も負けじ魂に火がつき、良い励みになります。
次のTheatre Project Siの公演では、
お互いパワーアップした姿で共演したいと思っております。

以上、終わり!

(大)
[ TB*1 | CO*0 ] page top
さよならハムレット?
おはようございます。おひさしぶりです。
今日から7月です。
ハムレット終わって、あっというまにハヤ一週間が経ちましたね。

祭りが終われば、現実はまたすぐそこに迫っていて、
劇場を出れば、またすぐ街の喧騒に・・・・
なんてことを語っていてもしょうがないのですが(笑)

せっかくこのBlogをチェックしていただいている方のためにも、
まだまだ現実世界に戻りたくないなぁという一部の方のためにも(笑)、
ときどきいろいろアップできればなと思います。

もちろん、次回公演の情報なども、
ちびりちびりと(笑)もったいぶって出していきます(冗談です)

恋の盗み聞き

これは大阪能楽堂でのドレスリハーサルの様子です。
左がハムレット(善竹忠亮) 右がオフィーリア(土田聡子) 
オフィーリア=鮎姫の恋のアリアを、ハムレット=忠亮が聴いてしまう場面です。
ご覧になったみなさま、懐かしいでしょう~。
(ご覧になれなかった方、こんな様子だったのですよ~。)

毒を注ぐルーカ

ここは、旅芸人一座による劇中劇の場面。
ここでクイズ、本番と明らかに違っている点がひとつあります。さぁてどこでしょう。
正解は~、じゃぁ、次の日記で!

ちなみにこの場面、このBlogを読んでいただいている方にはどこかで見覚えがあるかもしれません。
そうです、この日(5/16)↓の日記で載せた写真の場面です。
http://projectsi.blog102.fc2.com/blog-entry-6.html

先王に見立てたエリックの耳に、ルーカが毒をどくどくと注ぎ込む場面ですね。このあとクローディアス富太郎が激高します。

カーテンコール

この写真だけ、実は大阪での本番の写真です。《撮影・羽さん》
カーテンコールの様子です。
能狂言ではもちろんカーテンコールなんてないので、能舞台ではかなり異例ですが、
関根のプロジェクトではあえて、
(最初の、2004年のローマKyogen一座から毎回)ずっと、芝居の終わりにはカーテンコールをさせていただいています。

お客様との唯一のつながりの場がカーテンコールなんですね。
いっぱいのあたたかい拍手を頂き、ありがとうございました。

今後もカーテンコールは続けて行きます。



☆ お知らせ ☆

もう、またそろそろ現実社会に疲れてきた・・という皆様に、朗報です。
またまたTheatre Project Siが、ひとときの楽しみの場をご提供いたします!
(東京限定なのがとても申し訳ないのですが・・・・・・!)

オフィーリアの土田聡子出演の、オペラガーラです!
オペラなんてわからない、、、という方にこそおススメの「オペラ・ガーラ」。
いろんなオペラの中から、いい曲たちだけを選んで、お届けします。
気楽に、コンサート感覚でお楽しみいただけるのが、「オペラ・ガーラ」です。
実力派オペラ歌手たちが、かわるがわる迫力の歌声をお聞かせいたします。

いまなら、
Blogを見たと伝えて頂ければ4,000円を3,500円で販売いたします!

また、学生席を新設!お得な2,000円!

オペラガーラ 『 シェイクスピアとオペラ 』
企画・構成・演出 Theatre Project Si
出演 土田聡子(二期会/ソプラノ) 小山陽二郎(藤原歌劇団/テノール) 牧野真由美 増原英也 ほか
構成・ピアノ 甚目裕夫  解説 鈴木国男(共立女子大学教授)
7月10日(木) 19:00 開演(18:30開場)
会場 津田ホール(JR千駄ヶ谷駅からすぐ)

詳しくはこちらの日記をご覧ください↓
http://projectsi.blog102.fc2.com/blog-entry-19.html

0710ガーラ_おもて最終mini
[ TB*1 | CO*3 ] page top
Copyright © Theatre Project Si 公式Blog. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。