Theatre Project Si 公式Blog
関根勝による<狂言×オペラ×シェイクスピア>演劇プロジェクトTheatre Project Si
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
いざネットワーク!
東京は今日はいきなり寒くなって、お腹がゴロゴロ言ってしまいます。
みなさまお身体におかわりはありませんでしょうか、石川です。

さてさて、ちょっとブログの掲載のしかたをちょっと変えてみました。
最新情報を別にして、常に一番上になるようにしました。(日付を未来の6/25にしました)
「つづきを表示」をクリックして頂ければ、見れます。

それと、志芸の会様のブログと相互でリンクをはってはられして頂きました。
[志芸の会](しげのかい)というのは、善竹忠重さん(ハムレットの母役で出演。次回の『リア王』では主演です!)が主宰するグループで、ハムレット忠亮さんも所属しておられます。神戸を中心とした若手狂言師のグループだそうです。
ブログは、つい最近更新が再開されまして
http://www.shigenokai.com/t_09blog.html
メンバーの方が日記を書かれています。

ついでにご紹介ですが(前からリンクをさせていただいておりますが)
われらが座長・善竹忠亮さんも個人のブログをもっておられます。
http://www.zenchiku.com/zen_blog01.html
忠亮さんはITな方で、PCを持ち歩いてほぼ毎日ガシガシと更新されています。

それと、東京の善竹富太郎さん(ハムレットの敵、国王役で出演)も
ブログを書かれていますよ。
http://sorori.goodbamboo.net/

さぁさぁみなさま、公演も、あと13日と…
ええっ?13日!?(自分で今書くために数えてびっくりした)

もうすぐですね。今週は私は、パンフレットの製作の最終仕上げに追われています。
入稿が迫っているのです(^。^;)
でも買っていただくものですから、手を抜くわけにはいきません。
舞台に負けないよういいものをお届けしますよ!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
神戸支局より
20080523141645
神戸支局ってなんでしょう?という感じですが
みなさまいかがおすごしですか?毎度毎度の石川です。

今日は神戸に来ております。
阪神を拠点にされている忠重さん忠亮さんそれにオザザさんが集まっての稽古の最中です。

音楽(パーカッション)がついた稽古は今日が初めて。
演出関根が今まで言っていたことが形になって来て、
なるほどこういうことかぁ、とワクワクしますね。実際に音楽が入るとまた雰囲気が変わって来て、グッと引き込まれる感じが。
ポコポコポコポコ、スカカカン!
(われながらなんて貧弱な擬音だ(笑)実際は違いますよ)

写真の右下にチラッと写っているのが、
噂のバイロンとジャンベです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
昔の名前で出ています
先日、
2005年からずっと放置したままになっていました、
昔のローマkyogen一座のサイトを更新しました。

http://www008.upp.so-net.ne.jp/tokyo/kyogen/

資料として、当時のまま保存してありますので、お時間ある方は、どうぞご覧になってみて下さい。
公演情報や、メディア掲載情報などが見られます。
(但し、全て2005年時点での情報です。もちろん書いてある全てのイベントは終了していますのでご注意ください。)

ローマkyogen一座のルーカ・モレッティ(彼は今回も来日しますよ~。ひげもじゃの太っちょの人がルーカです。)が作った、イタリア版のサイトへのリンクも貼ってあります。懐かしいですねえ。
ちなみに「Piccola Compagnia di Roma」と言うのは、ローマkyogen一座のイタリア語名とでも言いましょうか、“ローマの小劇団”みたいな意味ですね。

ところでところで、関わっておきながら、わたくしつい最近知ったのですが、
ローマkyogen一座が本に紹介されています。(2005年発刊の本なので、いました、ですけど)

古典芸能を楽しむ本 落語・歌舞伎から能・狂言まで (PHP文庫)古典芸能を楽しむ本 落語・歌舞伎から能・狂言まで (PHP文庫)
(2005/12/02)
日本博学倶楽部

商品詳細を見る


「海を越えて狂言師が日本にやってきた」っていうタイトルで
1トピック丸々使って紹介されています。

この本、キオスクとかコンビニとかでよく置いてあるシリーズで、よくもわるくもさらさらーっと読める本なので、狂言を初め、落語とか文楽とかの古典芸能の入門としては、結構いいですよ。


さてさて、ツアー初日まで残すところ、あと21日!!
気温の変化の激しい季節ですので、身体には気をつけねば、ですね 
[ TB*0 | CO*0 ] page top
前略、稽古場ヨリ
またまただい~ぶご無沙汰してしまって、ごめんなさい!

keiko0429
この写真は、4月の末に行われた稽古のものです。
こちらは東京の善竹十郎さんのお宅(地下に能舞台さながらの稽古場があるのです!)です。
初めて大人数が一同に会しての稽古でした。

このシーンは・・・そう、、知ってる方には有名なあのシーンですねエ。
おっと、これ以上は言えません。

この稽古のあと、十郎さんがルーマニアの方へ旅立たれました
(十郎さんは精力的に国際的に活躍されています!先日は南米で狂言をされたそうです。)
ので、次にまたここまで皆さんが集まっての練習 はしばらくありませんが、

それぞれちょっとづつ集まって稽古が重ねられて行きます。

つい先日も、関根先生属する早稲田大学で稽古が行われました。

sekinepola

演出の指示をしているところですね。
(うしろに移っているのは、事情により来日できなくなってしまったフランチェスコにかわり、
 旅芸人役で出演する、エリックです。)

なぜポラロイド写真なのか、、、、というのは、秘密です。
ていうか、秘密ばっかりですね(笑)。
いや、えっと、当日発売するパンフレットにポラロイドを使っているのです。
詳細は会場でお目にかかるのをお楽しみに~。

余談ですが、ポラロイドフィルムの生産中止が近づいてきて、
なかなか手に入りづらくなってきましたね。
(入荷は続いてるものの、入荷してもすぐ売り切れちゃうんだそうです。)

カメラはあっても、フィルムがないと撮れませんから、
この子(カメラ)の行く末を思うと・・・切なくなりますなぁ・・・・。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © Theatre Project Si 公式Blog. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。